軍隊式性欲管理 概要・登場人物・ネタバレ

軍隊式性欲管理1

まずはコチラをチェック
軍隊式性欲管理
ヨールキ・パールキ

軍隊式性欲管理 概要

アーミーに所属するダリア・ミラーは性欲管理部の大尉。
仕事は兵士の性欲を処理する事。
性欲によって兵士の士気に影響が出ては困る。
彼女は容姿もスタイルも抜群で、隊員からのダリア・ミラーは人気も大きかった。
しかし、彼女の性処理の任務は受け身で、徐々にフラストレーションが溜まっていった。

軍隊式性欲管理 登場人物

ダリア
ダリア・ミラー
軍隊の部署、性欲管理部に所属。
兵隊の性欲処理を担当している。
兵隊の人気は高い。

 

第1話 性欲管理部大尉 ダリア・ミラー ネタバレ

ある国家の軍隊が創設した特設部隊、軍隊式性欲管理があった。

それは『性欲管理部』という特設部隊。

任務中の性の乱れや病気の蔓延を危惧し創設された。

各地へ派遣される主力部隊に医官と補佐官が任務に同行し性欲管理業務を行う。

そしてまたある日、補佐官が新たに送られてきた任務通知書を持ち大尉の部屋へやってきた。

大尉とは性欲管理部医官でダリア・ミラーという女性だ。

仕事に対して責任感が強い反面、あまりの美貌のせいか冷たい印象を与える。

物腰は柔らかいので立場上重要視されていた。

性欲処理される隊員の性的興奮を促すのに十分に豊満。

そのスタイルは隊員からの人気が高かった。

「期間は一ヶ月か…長いね…」

「こちらが今回の隊員リストです。」

軍隊式性欲管理の任務内容に目を通したダリア・ミラーは補佐官に異議が無いかの確認をし出発日を迎えることとなった。

軍隊式性欲管理の仕事は新たな任務地に着いた初日から始まる。

補佐官の仕事は記録と護衛のため性処理に付き添う。

6月15日PM9:15

軍隊式性欲管理。

通常性欲管理業務、上等兵の場合…

「俺ッ任務前から禁欲してましてッ」

「じゃあいっぱい出しちゃいましょうね〜」

軍隊式性欲管理業務には定められた規定があった。

管理する隊員の性欲処理を甘くしてはいけない。

他で問題を起こさないようにするためである。

事前に個人の趣向をよく把握し確実に性欲を解消。

それぞれに合わせた処理が行われる。

管理に当たる者は妊娠を防ぐために女性用コン◯ーム着用と事後ピ◯服用を義務化されている。

基本的には膣、肛◯への挿入は禁止。

挿入は処罰の対象となっているのだ。

任務期間外の性行為は禁止されているわけではない。

軍隊式性欲管理部ができてから射◯日以外禁欲に励む者が多くなったのだ。

禁欲している分行為は激しくなる。

そのため大尉の体調管理も補佐官の仕事だ。

上等兵は早々にダリア・ミラーの背中に抱きつき大きなおっぱいを下から揉み始めた。

「はぁッ…大尉…大尉…はぁッ…」

「はぁッ…ズボンの下の窮屈にしてるおち◯ぽ…私に見せて〜あんッ…」

ベッドに仰向けになった上等兵のち◯ぽを掴みシゴき始めたダリア・ミラー。

「んぅ…すっごい…すぐに出ちゃいそうね…はぁッ…」

上等兵はダリア・ミラーにち◯ぽをシゴかれながら乳首に吸い付き揉みまくる。

「気持ち良さそうな貴方にあてられて…私も乳首だけでイってしまいそう…あんッ…」

「任務前から溜め込んだ精◯出しちゃおうねッほらッ」

今まで溜め込んでいた大量の精◯が飛び散るとダリア・ミラーは大いに喜ぶ。

次にダリア・ミラーは射◯てもまだガチガチに硬いち◯ぽの上を跨いだ。

「挿入していいのよ…私のおま◯こ…」

「う…大尉の中…気持ちイイ…」

ダリア・ミラーの尻肉を鷲掴みにしながら上等兵の腰使いは激しくなっていく。

ク◯で…イッちゃいそ…イキ…ッ

そして、射◯して精◯が付いているち◯ぽを咥えて綺麗にしてあげた。

すると気持ち良くなってきた上等兵はまた出そうになる。

「また…出るッ…大尉…飲んでくださッ…うッ」

「次の射◯日まで…いーっぱい…溜め込んで来てね〜」

ダリア・ミラーがどういった経緯で軍隊式性欲管理部の所属になったのか…

無料立ち読みはこちら

 

 

Copyright© 軍隊式性欲管理|ネタバレと無料エロ画像!即ハマる漫画 , 2019 All Rights Reserved.